STORY

menu-0011_story2

 

終電が迫った夜の渋谷――

アイドルを目指すために路上ライブで歌っていると

敏腕女性プロデューサー・渡辺博子の目に留まり、スカウトされる。

牧田なず菜、福岡の志賀島から上京して1か月目の出来事だった。

そして翌日、芸能事務所「ドリームキャリープロダクション」に集まっていたのは3人のアイドル。

圧倒的歌唱力を誇るクールビューティー、白峰亜李砂 引っ込み思案ながらダンスの実力はピカイチ、早乙女穂香。

語学堪能の才女でフランスからやってきた日本大好きクォーター、西城クリスティーン・羽瑠。

4人に告げられる突然のユニット結成。 それは、彼女たちが抱く大きな夢の始まりだった――。

時には灯りのない道を行く旅人のように、様々な悩みを抱えながら進んでいくメンバー達。

その道がいつか世界へと続き、希望に満ちた花を咲かせることを信じて彼女たちは歌う。

「私たちの名は“Fairy-AID”。 この街の交差点からあなたの街を虹色にするためにやってきた、妖精です!」

 

PAGETOP
Copyright © 虹色スクランブルが咲く街 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.